らせん流タオRUNNING倶楽部

 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

らせん流®タオRNNING倶楽部

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

あけましておめでとうございます。

また、新しい年がはじまりました。

なんなんでしょう。

いつも、
昨日から今日へ、
今日から明日へ

その連続であるのに、

新しい年を迎えて、
めくったページの白さの清々しさは。

東京は抜ける青空です。

いつものように
青空のムコウに思いを馳せて
空を見上げていると、

おそらく石川県の小松空港行きの飛行機が
飛んでいくのが見えました。

ここ数年、
さあ、今年は、これをするぞ、
みたいな、
気負いが減ってきている自分がいます。

ただ、

「今日も一日、歓んで」

だけ。

と思うと、
からだが手を呼びます。

自然に
手が、
からだをさすりはじめます。

このからだのすばらしさ、
ありがたさを思います。

慈しむように、
さすります。

(今日は、ニューイヤー駅伝をチラチラみながらなんですけど)

全身さすり終わると、
からだの中の流れが調い、
やわらかくポカポカしてきます。

自分とからだのすみずみまでが
ひとつになった感覚が蘇ります。

自分が自分の中心にいて、
地に足がついた安心感が立ち上がります。

また、空を見上げました。

空との距離が近くなっているのを感じます。

今、少しわかったような気がします。

ここ数年、
アタマでななく、

からだとこころがひとつになったものが感じていること

それを大事にしたくなっている自分がいるんだと。

だから、「確固たる決意」みたいなものが

なかなか浮かばないんだと。

今、思うことは、

まずはからだの流れをよくして、

おおきなおおきな
ひろいひろい世界の流れを感じて、

理性で、ほどほどに舵を切りながらも

自分の周りの流れに乗っていくのが

心地いい自分がいるんだなって。

そして、そんな在り方もあるんだよって、ことを、

少しずつ伝えたい自分がいるんだなって。

今年も
一歩、一歩、
大地の感触を足の裏で味わいながら、
ゆるやかに、
ときに、果敢に、
前に進んでいきます。

流れを大切にしながら。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す
らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。