らせん流タオRUNNING倶楽部

 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

らせん流®タオRNNING倶楽部

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

ワークショップの準備をしているとき、

からだの奥底から湧き上がってくるワクワク。

その段階からのワクワクの原点は、
からだのからのアプローチで開かれる
人の可能性への希望なのかもしれません。

10月28日、

初開催だった
〈らせん流RUNウォーミングアップ的お試し+説明会〉を、

楽しく終えました。

ご参加くださった皆さま
ありがとうございました。

ご参加のメンバーは

元スノボ選手、
太極拳と座禅に打ち込まれている方、
元実業団陸上部指導者、
体育会系で走っていらした方、
メンタルからだけでなく体からのアプローチで
自分の未開花の可能性に気づきたい方
市民トライアスリートの方、
市民ランナーの方、
整体師の方
趣味でされているバイオリン演奏や

バロックダンスを楽しまれることから

からだの使い方に興味を持たれている方…

と実に多彩でした。

その方々に共通の関心があって、
それが
”快”に導かれる動きであり、からだであり、こころでした。

だからか、
はじめてお会いした方同士とは思えない
打ち解け方をあっという間にされて、

心地よい空間が広がっていました。

***

「これまでいかに常識で体を縛ってきたかがわかった」

「重力の存在をこんなにはっきり感じたのははじめて」

「正解の動きの範囲が広がった」

「体の構造に沿って脚を上げて下しただけで、
地に足がついたのが驚き」

「あんな簡単な指さすりだけで、
一瞬にして体がゆるんで、
体の感じ方が変わったのが驚き」

「どんな方法も、
言われるままにするのではなく、
自分がその効果を実感して
取り組まないと意味がないことがわかった。
48歳の今からでも改善できることを知り、うれしい」

「体を平面的に捉えるのではなく、
立体的に捉えると、
らせんの動きになるのだと感じた」

「センターを作ろうとしていないのに、
らせんの動きで歩くだけで、
簡単にできたのには驚き」

「トレーニングで
新しいことを次々に加えても成果は出ず、
要らないものを捨てていく
断捨離の観点が必要だと感じた」

「ソフトでスローな動きが
体にはいいことがわかった」

などなど、
その感想も多彩だったのです。

***

ご自分のからだに、
それぞれの発見をされて
うれしそうに心を躍らせている
ご様子を拝見して、

ナビゲーターの私も

もう、ワクワクが止まりませんでした。

「小松さんがすごく楽しそうに
ワクワクしながら話をされていたのが、
とてもよかったです♪」

なんて、感想もいただき、

バレバレだったのね、

と笑ってしまいました。

準備の段階からワクワクしていたけれど、

このワクワクの原点は、

からだから引き出される人の可能性について

感じてしまう希望なのだと思うのです。


日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す
らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。