日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

らせん流®タオRNNING倶楽部

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

明日、ほぼ3か月半ぶりに≪らせん流ウォーク&ランの体験会開催≫。

そのテキストを用意しながら、自分にも再確認。

外出自粛に背中を押され、思わぬ形ではじめたライブ。

そこでの新たな出会い、らせん流の考え方の広がりと深まりを感じ、

その可能性に大きな期待も膨らんできたけれど、

この原点から少しもぶれることなく、

というか、さらに根をはりながら、

ゆったりと流れていることに感謝しています。

体験会のテキストは、こんな感じではじまります。

日常の一歩、一歩をより気持ちのよいものにするこことで、

もって生まれたからだの可能性を存分に楽しみ、

からだの奥から生まれる

地に足がついた

自己受容感とともに、

日々を送りたい

人生プレイヤーの皆さまへ

●らせん流ウォーク&ランとは?

からだから、自然の理に反した動きでため込んだ歪みやコリを除き、

本来の在り方に近づいて立ってみると、からだがゆらりゆらりと揺れて、

背骨に沿って、らせん状の流れが下から上へと、

立ち上がってくるのを感じます。

それに身をゆだねていくと、

丸ごと全体の自分がどこからともなく、

ゆるやかに転がるように前に運ばれていきます。

その動きは、からだの内側でも、外側とも軋轢が少なく、

とてもなめらかで軽やかです。

これが【らせん流ウォーク&ラン】です。

これを続けていくと、

なぜか、さらに骨の並びが調い、筋肉はほぐれ、気と血の流れがよくなり、

からだが根本から調ってきて、その気持ちよさに笑顔がこぼれます。

この動きをゆっくりすると、いわゆる歩きになり、

速くすると、いわゆる走りになります。

そこへナビゲートするのが【らせん流ウォーク&ランのワークショップ】です。

そんな楽しい世界で、

からだに秘められた力を全開にし、ご自分をもっと楽しみませんか?

●らせん流ウォーク&ランの真のゴールとは

らせん流ウォーク&ランがめざしているのは、

速さではありません。

距離でもありません。

レースや練習で、目標をクリアする達成感でもありません。

汗をかいたあとの、ビールのおいしさでもありません。

もとろん、レースで人に勝つことでもありません。

それらを求めることは、とてもステキなことかもしれません。

でも、らせん流ウォーク&ランは、そこにとどまりません。

らせん流ウォーク&ランが目指すのは、

まずは、からだもこころも楽しくなる歩きであり、走りです。

そして、その先に目指す、真のゴールは、

やさしくいえば、

子どものころの無邪気な自分に還ること。

ちょっとカッコつけていえば…

自然回帰であり、

自分回帰です。

天と地の間で、歩く、走る…、

この日常の基本の動きを、自分のからだの構造に任せて行うことで、

そもそも自然界の一部として生まれ、天地につながっている存在の自分を感じ、

それに身をゆだねる安らかさ、楽しさを味わい、いのちの弾みを感じること。

それをすることで、天と地から応援を受けて、自分がさらに調い、自然としなかやにつながっていく、

これが、らせん流ウォーク&ランの真のゴールです。

私自身も、これを指針に、気持ち新たに進んでいきます。

写真は、体験会時に使うらせん流の取り組みの概要を示したポスターです。

今後の体験会はとりあえず6月13日、7月11日、8月20日 大井町で。
詳細は↓をご覧ください。よろしくお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す
らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。