らせん流タオRUNNING倶楽部

 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

らせん流®タオRNNING倶楽部

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

「らせん流自分回帰への8つの羅針盤」の感想をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

「らせん流自分回帰への8つの羅針盤」、読ませていただきました。

今、ちょうど私自身が、もっと自分自身に対して、素直に自然に楽に走り続けたい、
記録やタイムを気にする、ということではなく(そういう時期もありましたが)、
自分自身の思うままに気持ちよく走るためにはどうしたらよいのだろう?
そんなことを常々思いながら、日々のランニングを続けている状況の中、
ふとしたきっかけで、小松さんの‘らせん流’タオランニングの存在を知り、
ホームページを拝見し、そして、この「8つの羅針盤」に出会いました。

走ることのみならず、私も常日頃、どうも頭(思考)優先の生活が続き、本当に自分の思いや、希望、そして、身体の状態がわからなくなって来ているような感覚を持っています。

知らぬ間に周囲と自分自身を比べて、‘こうあれねばならない’とか‘もっと頑張らねば’
等々、本当に自分の思いとは裏腹の行動をしてしまっているのではないか?
自分の快、不快の感覚もよくわからなくなってしまっているような気持ちも持っています。

「8つの羅針盤」を拝読して、‘あ~、もっと楽になっていいんだ’と一番に感じました。
もっと自分の身体の感覚を信じていいんだ、というような。

私自身、走ることは、自分自身の気持ちと身体を調えること、
というような感覚を持っていました。

それでいいんだ、と思えたことが、まず第一に嬉しかったです。

ですが、小松さんもおっしゃるように、
そう頭で思っていても、身体全体でそれをそうでいいんだ、と思えない、、というか、やはり「思考」が先行して、自分の感覚に対しての自信というか、確信が持てないのが今の現状です。

9月の飯能でのワークショップに申し込ませていただいておりますが、
少しでもこの8つの羅針盤で示されていることを、自分自身の感覚で
体感出来れば嬉しいな、と思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

余談ですが、23年前、初めてフルマラソンにチャレンジする際に、
小松さんの『きっと完走できるマラソンBOOK』をバイブルのように
読ませていただきました。(現在も手元にあります。)

自分のランニング生活を、これまでとはまた違ったものへのシフトしたい、
と思ったときに、小松さんに出会えたことが、自分でもちょっと不思議な感じです」
(S・Yさん50歳代)

らせん流タオRUNNING倶楽部のホームページから、無料プレゼントさせていただいております「らせん流自分回帰への8つの羅針盤」は、
大自然から生まれ、その一部である私たちが地球上で立つ、歩く、そして走る、この基本の行為を通して、体の奥底から、「素の自分って、なんてすばらしんだ!」と感じるための、そして、そこに立ち還ることで、歩く、走る行為自体に喜びを感じられるようになるための指針です。

数字を追いかける走りに行き詰まりを感じている方、あふれる健康情報、トレーニング情報に戸惑いを感じている方に、ぜひとも読んでいただきたい、私が結果を追い求めすぎ、走れなくなったときから、今に至る半生から生まれた渾身の作です。

ご興味のある方は↓へ.

【「ああ、もっと楽になっていいんだ」と一番に感じました】

「らせん流自分回帰への8つの羅針盤」の感想をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

「らせん流自分回帰への8つの羅針盤」、読ませていただきました。

今、ちょうど私自身が、もっと自分自身に対して、素直に自然に楽に走り続けたい、
記録やタイムを気にする、ということではなく(そういう時期もありましたが)、
自分自身の思うままに気持ちよく走るためにはどうしたらよいのだろう?
そんなことを常々思いながら、日々のランニングを続けている状況の中、
ふとしたきっかけで、小松さんの‘らせん流’タオランニングの存在を知り、
ホームページを拝見し、そして、この「8つの羅針盤」に出会いました。
?
走ることのみならず、私も常日頃、どうも頭(思考)優先の生活が続き、本当に自分の思いや、希望、そして、身体の状態がわからなくなって来ているような感覚を持っています。
?
知らぬ間に周囲と自分自身を比べて、‘こうあれねばならない’とか‘もっと頑張らねば’
等々、本当に自分の思いとは裏腹の行動をしてしまっているのではないか?
自分の快、不快の感覚もよくわからなくなってしまっているような気持ちも持っています。
?
「8つの羅針盤」を拝読して、‘あ~、もっと楽になっていいんだ’と一番に感じました。
もっと自分の身体の感覚を信じていいんだ、というような。

私自身、走ることは、自分自身の気持ちと身体を調えること、
というような感覚を持っていました。

それでいいんだ、と思えたことが、まず第一に嬉しかったです。

ですが、小松さんもおっしゃるように、
そう頭で思っていても、身体全体でそれをそうでいいんだ、と思えない、、というか、やはり「思考」が先行して、自分の感覚に対しての自信というか、確信が持てないのが今の現状です。

9月の飯能でのワークショップに申し込ませていただいておりますが、
少しでもこの8つの羅針盤で示されていることを、自分自身の感覚で
体感出来れば嬉しいな、と思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

余談ですが、23年前、初めてフルマラソンにチャレンジする際に、
小松さんの『きっと完走できるマラソンBOOK』をバイブルのように
読ませていただきました。(現在も手元にあります。)
?
自分のランニング生活を、これまでとはまた違ったものへのシフトしたい、
と思ったときに、小松さんに出会えたことが、自分でもちょっと不思議な感じです」
(S・Yさん50歳代)

らせん流タオRUNNING倶楽部のホームページから、無料プレゼントさせていただいております「らせん流自分回帰への8つの羅針盤」は、
大自然から生まれ、その一部である私たちが地球上で立つ、歩く、そして走る、この基本の行為を通して、体の奥底から、「素の自分って、なんてすばらしんだ!」と感じるための、そして、そこに立ち還ることで、歩く、走る行為自体に喜びを感じられるようになるための指針です。

数字を追いかける走りに行き詰まりを感じている方、あふれる健康情報、トレーニング情報に戸惑いを感じている方に、ぜひとも読んでいただきたい、私が結果を追い求めすぎ、走れなくなったときから、今に至る半生から生まれた渾身の作です。

ご興味のある方は↓へ。

らせん流 自分回帰への8つの羅針盤


ブログランキング・にほんブログ村へ 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す
らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。