日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

らせん流®タオRNNING倶楽部

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

「らせん流ウォーク&ラン」ワークショップなるものを世に出して、今日で5年になります。らせん流の基本方針は、体の“快”を指針に動くこと。その“快”の輪の波紋が、口コミで少しずつ少しずつ広がってきていること、感謝しかありません。関わってくださったすべての皆さまに感謝いたします。ありがとうございます。

ここで大事にしているのは、5年前も今も、生物としての”快“を指針に動くこと。

生物としての”快“は周りに伝播します。

それを見せてくれている代表選手は、ゴキゲンな赤ちゃん。

彼らがいるだけで周りがほっこりしてくる。そんな在り方です。

この基本方針を、私は、「操体法」からいただきました。

操体法は、超ザックリいうと、「快と感じるほうに、快と感じるだけ動けば、体と心の不調は消えていく」という健康法です。

「有難き生をうけ、生かされてはいるが、

どうもうまく生きかねているのが一般的だ。

何かが間違っている。

間違ってはならぬ、大自然の理法がある。

その理法はむつかしいものではない。

楽しい快適な、簡単なやさしいものだ。

その波動に共鳴共振すると天国が開ける。

天成りの道を知ろう。」

これ、「操体法」を創始された橋本敬三先生のご著書『からだの設計にミスはない~操体の原理』の扉の裏ページに書かれていた一文です。

操体法はらせん流の体と動きの捉え方の根幹なのに、ナント、ナント、私、このページを今まで見落としていました。

頭で考えると大自然の理法って難しく思うかもだけど、

体を通すと、ほんとにスンプル。迷いが入るスキがないんです。

「らせん流」の5周年目に、この一文に出逢ったことにもきっと意味があるのでしょう。

「心新たに、これを伝えていくよ」

と清々しい青空に誓った今朝でした。

ランニングセラピスト

らせん流タオRUNNIG俱楽部主宰

小松美冬

(Visited 51 times, 1 visits today)

ブログランキング・にほんブログ村へ 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す
らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。