日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

らせん流®タオRNNING倶楽部

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

「私は何を希望することがゆるされているのか」

今朝の朝日新聞の「折々のことば」はこれだった。

哲学者カントが人間の理性が関心を持つ問いは、

三つに約められているとして、その三つ目に揚げたのが上のもの。

「コロナ禍のさなか、本当に突きつけられているのは、この問いかもしれない。

自然への人類のこれまでの傲慢な接し方、「これは戦争だ」といきり立つ姿を顧みれば。」と 筆者の鷲田清一さんは言う。

自然界のひとつの生物として、

自分の体の中にある方向指示器がどこを指しているのか、そこを見る感度を上げて、

慎みを持って生きたい。

『養生訓』にあった。

養生の要諦は、畏れだと。

天道をいつも畏れ敬い、

謹んで従うようにし…

畏れるという感情は、

慎みにつながる出発点。

畏れれば慎みが生まれる。

そして、それは敬いにつながる…と。

「恐れるなら、畏れよ」

とコロナは言っているのかもしれない。

と書いて、自分の中の傲慢が疼く。


ブログランキング・にほんブログ村へ 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す
らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。