日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

らせん流®タオRNNING倶楽部

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

昨日、何かと忙しい娘とようやくまとまった時間が一緒に取れたので、懸案だった1年4か月先の成人式のレンタル振袖を選びに行った。

(昨今は、成人式の2年以上前から予約が始まる。なんでこんなに急かされるんだ?!とブツブツではありました)

わたし自身は、成人の前、
「振袖なんていらなぁい!
その代金,
海外語学留学に回して」と親に言って、
そうしてもらっており、

密かに娘もそう言わないかと期待していたが、
娘は「振袖着たい。留学もしたい」(´;ω;`)

というわけで、しかたない。
まずは振袖。

山ほど送られてきていたチラシの中から、
目星をつけて、某貸衣装屋へ。

これとこれ、どっちがいい?
ベテランの年輩の係の女性にお世話してもらいながら、
鏡の前で、とっかえひっかえすること1時間以上。

その様子を見ながら、
日本の着物文化に感嘆しつつ、
時々意見をはさみながら、
心に浮かんでいた言葉は、
期せずして、

「あれ?これ、結構楽しくて幸せな時間だわ。
娘がいてくれてよかった…」

7歳の時の振袖姿が浮かぶ。
ホロリとくる。

走馬燈のようにそこからの月日が思い出される。

感慨深さに、なぜかくすぐったさが交じる。

はじめての感情だ。

ですが、
お会計の時に思ったのは、

「娘がひとりでよかった・・・」

でした(´;ω;`)


ブログランキング・にほんブログ村へ 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す
らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。