日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

らせん流®タオRNNING倶楽部

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

「こんなちょっとしたことで、こんなに立つ、歩くが楽になるなんて、びっくり!」
「とにかく、一度体験してみればわかります。やるかやらないかで人生変わります」
「もっと早くに知りたかった」
こんな感想をたくさんいただいてきた対面での「らせん流ウォークの体験会」。
オンラインでも
「歩いて体が整っていく不思議な体験会」と評され、
「抵抗なく滑らかに楽に歩けるようになった」
「安定して歩けるようになった」
「足の骨をイメージしたら大地にデンと立っているよう」
「膝の痛みが軽くなった」
「全部が目からウロコ。ランとはこうあるべきと頭デッカチになっているところを全部外された。ケガの多いランナーにもおすすめ」
「体の声を訊くってどういうこと?って思っている方におすすめ」
の感想をいただいています。



次の項目、ひとつでも「思い当たる!」って方、ぜひ、先をお読みください。
・ 「歩くと30分!」と言われたら、「じゃ、車で」となる。
・階段とエレベーター。迷わずエレベーターへ。
・足腰に不安があるけど、歩き方を見直したことなし。
・足腰の不安は加齢のせい、とあきらめてる。
・楽しきゃないけど、健康のために「歩かねば」となっている。
・いつまでも自分の足で気持ちよく歩きつづけたい。
・頑張ることはキライ、楽していい動きを身につけたい。
・苦しいのはゴメンだけど、気持ちいいだけなら走りたい。
・自己受容感を育みたい。


●らせん流ウォークが身につくと…
・「歩かねば」でなく、楽しいから歩きたくなる。
・いろいろな運動が楽にできるようになる。
・歩くことで背骨の際から体がほぐれる。
・長く歩いても疲れにくい。
・山登りが楽になる。筋肉痛になりにくい
・地に足がピタッとついて安らげる
・呼吸が楽になる
・姿勢がよくなる
・気血の流れがよくなる
・カラダのスゴさがわかり、大事にしたくなる
・他人と自然も敬いたくなってくる。


●日時=10月24日(日) 10時から12時


●開催方法=zoom 


●定員=3名


●こんなことやります
・人目を気にせず、カラダが動きたいようにその場で歩いてみる。
・立つ・歩きで一番大事な「足」の構造を知って、感じてみる。
・従来の膝屈伸と、カラダの“快“に従う膝屈伸。どっちが楽かを比べてみる。
・脚はどこからどう上がるのが楽かを感じてその場で歩いてみる。
・前に向かって歩くのと、上に向かって歩くのとどっちが楽?を比べる。


★これらのワークを通じて、あなたの中に眠っている楽に楽しく歩く力を呼び覚まし、
自分の体のスゴさを実感していただきます。


●体験者のお声は↓
https://running-therapist.com/archives/experiences
「善は急げ、楽はもっと急げ、快はもっともっと急げ」(笑)
詳細はコメント欄です。
お待ちしています
ランニングセラピスト®
小松美冬

(Visited 6 times, 1 visits today)

ブログランキング・にほんブログ村へ 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す
らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。