日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

らせん流®タオRNNING倶楽部

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

大阪・森ノ宮のスーパースポーツ「ゼビオ」で
ランニングシューズを販売していらっしゃる松永友士さんから
のご報告です。

もはや、この店はらせん流の大阪支部と化している感あり?!( ´∀` )
うれしいことです。

以下、そのままお伝えしますね。

前回のライブ「アッシの脚はどう上がりたがっている?」の感想ですが、
ライブの翌々日(日曜日)にお店で、お客様にお話しました。

いつも来てくれている親子さん。(お母さんと、女子高校2年生、陸上部、長距離)
娘さんが最近、走ってて、膝が痛くなるとの事で、僕の話、意見を聞きたいとの事で来てくれました。

そこで、普段歩いている状態、内股で歩いた状態、がに股で歩いた状態、
どれが楽 って聞くと、やっぱり、がに股が楽と・・・
お母さんも同様の答えで、2人とも、ちょっとビックリした表情で、
「まっすぐ上げると、こんなに重いって感じた事なかった・・
何か、がに股で歩くと身体の上の部分 も勝手に捻ってる し状態が上に行く感じですね。」との感想。
僕「その感じ~ 」

ももの真ん中辺からの動きと、
かかとの真ん中意識して歩いて貰うと、
僕が見てても楽に歩けていて、本人も、何度も僕の廻りを確かめる様に歩いていました。

なので、「アップやクールダウン時にやってみてね。」とお話をしてると、お母さんもその横で「なるほどね~」と感心して歩いてました。(笑)

僕も、最初は
って思って、何度も動画を観て、繰り返しやってみると、だんだん解ってきました。
身体って不思議だらけですね。
「モナカナ姉妹とモデル歩き」
意識して取り組んで行きたいと思います。

前回のライブは、大事なことを詰め込み過ぎたようで、反省。
でも、らせん流の本流の部分でとても大切なことをしっかりとお伝えしているので、
これまで脚を真っすぐに上げて下すのが当たり前!と思っている方、
1度見て「?」のままになっている方、ぜひ繰り返し見てくださいね。
これを体に落としこむか否かは、これからの人生、楽に生きるか、セルフボディハラスメントをして生きるかの違いにもなりますよ!

「アッシの脚はどう上がりたがっている?」のライブ動画はこちら。↓
脚の上げ方については、12分40秒くらいからです。


ブログランキング・にほんブログ村へ 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す
らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。