らせん流タオRUNNING倶楽部

 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

らせん流®タオRNNING倶楽部

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

らせん流体験者の声➀にご登場いただいた篠田由美さん。
前回は飯能で開催した野外ワークショップ後の感想をご紹介させていただいたのですが、
今回は、それに続いて10月2日に開催した体験会にご参加直後のfacebook投稿から。

「先月イベント参加した、『らせん流RUN』の体験会に改めて参加して来た。

これまで走り続けて来た中で、自身の筋肉や腱についてはあれこれ考え、アプローチをして来たことはあったけれど、
自身の骨格構造についてじっくりと考えたことって、ほとんど無かった。

自分自身の身体の構造がどのように成り立っていて、それがどのように動くのか?
なんて考えて、走ったことってなかった。
そこをまず見直してみると、なんとまあ、これまでよく走って来られたよなあ、自分、って、思った(^_^;)。

走る事に対する想いはランナーそれぞれで、
目的や目標が違うけれど、
でも、一度ふと立ち止まって、
自分自身の身体に目を向けてみるってこと、
決して無駄ではないと思うよ?

1分1秒、より速く、自身のベスト更新に目を向けるランナーにとっても、自分の身体に意識を向けて、自分にとっての快適な動き、走り方を考えてみることって、きっと無駄にはならないと思う。

いつも厳しいトレーニングを‘頑張っている‘己の身体からの声に耳を傾けることが出来たならば、それはきっと故障を事前に免れることが出来たり、パフォーマンスの向上につながるのではないかな、と思ったりもした。

私はもう、自身のタイム向上や記録を一番に考えるような走りはしないとは思っているけれど、
レースに出て、その時々の自分の身体が走りたいように走って、
気持ちも楽しくて、ワクワクして、
でもって、それなりに自分で‘おお!’って思えるようなタイムが結果として出たならば、
素直にそれを喜ぼうと思う(笑)
うん、やっぱり走る事が大好きだから。
というわけで、小松美冬さんの提唱される『らせん流ラン』、興味を持った方は、ぜひちらりとその世界を覗いてみてください」

➡篠田さん、私がランナーの方たちに対してお伝えしたいことを代弁してくださり、ありがとうございます。
らせん流は、より気持ちのよい動きを通して、本来の自分に還り、日々ごきげんで暮らしていくことを目指しています。
だからランナー限定ではないのだけど、
私自身が走ること大好きで、それが嵩じてレースの世界に入り、記録更新を目指しているうちに、
体の声を聴き切れなかったことが原因で体を壊し走れなくなったことから
もう一度気持ちよく走りたい!
できれば生涯気持ちよく走り歩き続けたい!
そのための体の使い方がわかれば、
それは多くのランナーの役に立つはず、の思いを力に見つけた世界だから、
このような感想、そして、ランナーへの呼びかけ、大感激です。

「より速く」を目指す世界がある一方、「より気持ちよく」を目指す世界があっていいと考えています。
動きのことは考えずに、ゆっくり楽しくおしゃべりして走って、
走った後に、ビールでワイワイ、それもすごく楽しいのだけど、そこに留まらない。
おしゃべりがなくても、ビールがなくても、
自分ひとりでも大地を触れる一歩一歩が気持ちよく、それだけでゴキゲンになってしまう、そんな世界です。
その上で人と走り、ビールでも交流する、そんな世界はとても豊かです。

ご興味のある方、体験会でお待ちしています。


ブログランキング・にほんブログ村へ 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す
らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。