らせん流タオRUNNING倶楽部

 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

らせん流®タオRNNING倶楽部

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

今日は「らせん流ウォーク&ラン6コース連続ワークショップ」。
国分寺で開催するときは室内で基本のワークをした後、
天気がよければ1時間ほど近くの公園に歩きに出る。

今日は雨の心配をしていたけれど、
出かける時間になったら程よく晴れはじめたので、
いそいそと出かける。

公園に着いたら、

まずは最近、マイブームの
「眼包み(まなづつみ)」という目の使い方をご紹介!

「広角レンズになった!視界が180度に広がった!」
「周囲の自然に融け込む感じがする」

そして、
「ここ、裸足で歩いたら気持ちよさそう」と一人の参加者が言われ、
自ら靴を脱いだのに続き、皆が自然に続く。

アラカン3名と、アラフィフ1名で、
思い思いに、足の向くままに青空の下、
裸足で草を感じて歩き回る。

「子どもの時を思い出す・・・」
「指で大地を掴んでいるのがわかる」
「靴の中で足を窮屈にさせていたんだなぁ」
「干し草の匂いが懐かしい」(草刈り後に枯れた草が溜まっている場所で)

その後、湧水の清水に足を着けて、シューズを履いて歩きだせば、

「あれ?足裏が柔らかくなっている!」

の声が上がる!

「小学生の夏休みみたいな時間でした!」
「ほんと、ほんと!」
と、普段はパソコンの前に座ってばかりの方たち。

らせん流ウォーク&ランの真のゴールは、
自然回帰であり、自分回帰。

それは
足が素になることから
始まるのかもしれない。

ああ、楽しかったぁ!


ブログランキング・にほんブログ村へ 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す
らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。