らせん流タオRUNNING倶楽部

 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

らせん流®タオRNNING倶楽部

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

「念ずれば
花ひらく
苦しいとき
母がいつも口にしていた
このことばを
わたしもいつのころか
となえるようになった
そうしてそのたび
わたしの花がふしぎと
ひとつひとつ
ひらいていった」

(『坂村真民一日一言』より)

大好きな詩人、坂村真民さんの代表作で
私の好きな詩のひとつだ。

先日、長野であったコンサートの前に立ち寄った
善光寺の境内で、

その愛くるしく穏やかな笑みに
吸い寄せられるようにその前に立った
お地蔵さん(というのか、わからないけれど)

よく見ると、その胴体に
「念ずれば花ひらく」
と彫られていた。

「念ずれば花ひらく…」

私もとなえていこう。

となえつづけよう。


ブログランキング・にほんブログ村へ 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す
らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。