らせん流タオRUNNING倶楽部

 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

らせん流®タオRNNING倶楽部

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

先日の地元で開いているシニア対象の歩き教室でのことです。

参加者は60代後半からもうすぐ90歳の方まで10数人。
この一年、がんばってきた体を、労いの思いでさすってもらった後、
「らせん流RUNワークショップ」でも毎回行う「赤ちゃん還りワーク」へ。
ヤダヤダからハイハイを経て、ゆらゆらとゆらぎながら立ち上がったお顔が、
みな、ぽわんと柔らかでどこか無邪気。

そのまま歩き出してもらうと、

「これって、“プラプラ歩き”って感じじゃない?」とどなたかがぼそり。

また、どなたかが、
「私は“ゆらゆら歩き”って感じ」

「“不良歩き”はどう?」

なんて具合に次々にいろいろな名前があがってきてワイワイ。

すると、もうすぐ90歳、最高齢の方が、

「私は“ルンルン歩き”って感じです!」

そこで、ひらめきました。

「今、思いついたのですが。
次は、それぞれに、ご自分の今の気分に合った名前で歩いてみてください」

というと、皆さん、ためらいもせず、一斉に
それまでの1.5倍くらいの速さと明るい顔で歩かれたのです。

「皆さん、今、“なに歩き”をされました?」
「“ルンルン歩き”だった人?」

と聞くと、

全員が元気よく「ハイっ」。
いたずらっ子の表情をうかがわせる人もいらっしゃる。

教室の空気が一気に明るく、楽しく、ぐわっと盛り上がりました。

言葉が動きを誘い

動きが心に反映する。

帰りがけ、生徒さんが、
「体の奥がポカポカしていまぁす!」
その方の頬はほんわかピンク。

林真理子さんのデビュー作は
『ルンルンを買っておうちに帰ろう』だったけど、

体を労って、体に任せて歩けば、
何歳になっても
“ルンルン”は体の中から生まれることを目撃し、

私もルンルン帰宅しました。


ブログランキング・にほんブログ村へ 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す
らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。