らせん流タオRUNNING倶楽部

 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

らせん流®タオRNNING倶楽部

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

明日9月1日と2日で、はじめての試みとして
2日連続ワークショップを開催する。

通常月1回、6回連続でらせん流RUNの基礎を一通り学んでいただいているが、
半年先は読めないとか、
月1回定期的にというのは難しいので
まとめて学びたいという方向けに試してみることに。

らせん流RUNは、
本来私たちが生まれ持っている構造通りに動くことを目指している。
新しい動きを身に着けるのではなく、
かつてやっていた動きを思い出すだけ。

そのために構造に反して動いてきてしまったがために溜め込んできた
コリや滞りを流して(これも本来の仕組み沿ったものを使う)、
あとは体に任せる、これが基本である。

すでに、そしていつでも
自分の中に先生がいるから、
それを頼ればいい。

だから、新しい動きを覚えるよりは
自習自得(なんて言葉はないか)しやすいはず。

しかし、それをジャマするテゴワイ奴がいる。
アタマに沁み込んでいる「~せねばならぬ」の思考。

非常に強力でシブトイ。

日常生活に戻ると、
すぐにコイツが元気になる。

なので、
今回、2日間連続で、
「ここでは、皆さんの体の“~したい”が最優先ですよ~」をしてみると、どうなるか。

知識をお伝えするのではなく、
体に眠っている本来の動きを取り戻し、
そちらが本流になっていただくように
アタマではなく、体に伝わるように
ていねいにナビをさせていただきたいから、
定員4名さまとした。

で、今回の参加者は、「らせん流RUNワークショップ」の常連で、
一番熱心な実践者のマラソンランナーの方と、

それまで走ることとは縁遠かったけれど、
「らせん流RUNの体験会の帰り道、体が走りたくなって走っていた」という
動きの専門家の方の2名。

予定は未定で、
私のもっているもの、
どんどん引き出してくれるだろうし、
新たな気づきがいっぱいの予感。

毎回ワークショップの前、
皆さまと自身に起きるであろう変化を想って、
胸躍るのだが、

新しい景色を見にいくときは、
いつもより気が引き締まる。
その分、
ワクワクも強い。

楽しみだ。

土日連続らせん流RUNワークショップの次の開催は、
10月13日(土)、14日(日)を予定しています。
ご興味のある方はコチラ↓

9月1日(土)・2日(日) 10月13日(土)・14日(日) 「これならどこまでも歩いていけそう!ラク~」の第一声が上がる <らせん流RUNワークショップ>土日連続開催のお知らせ

よろしくお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す
らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。