らせん流タオRUNNING倶楽部

 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

らせん流®タオRNNING倶楽部

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

毎年感じる。

寒気を浴びて
凛と引き締まっていた
大樹の幹の肌が
立春の頃から
ほどけだす。

冬の間、
夕暮れ時のジョギングでは
葉をすっかり落とした裸樹の幹の
漆黒の威厳に
思わず身を正すのが
日課になっていたけれど、
立春が近づくにつれ、
肌の色にパステル調が混ざり、
すり寄りたくなる存在に変わってくる。

老木と同居する苔たちの色も少しずつ明るくなる。

ふと足の裏の大地を感じると、
微生物たちの活動の再開を知らせるかのように
空気をはらみ
柔らかくなっている。

光が、
空が、
大地が、
樹々が

春めいてきた。

今年も。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す
らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。