らせん流タオRUNNING倶楽部

 

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す

らせん流®タオRNNING倶楽部

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

ランニングセラピスト®小松美冬主宰 東京・国分寺を中心に教室を開催中

抜ける青空・・・

高い青空・・・

澄んだ青空・・・

木漏れ陽ならぬ
薄雲から陽の漏れる空・・・

夕陽と薄月が共演する夕暮れ空・・・

ポチポチと星が光る夜空・・・

月光りする空・・・


いつからだろう

空を見上げるのが
こんなに好きになったのは。

***

わたしの名前
「美冬」は
空から来ている。


わたしが生まれた朝は、

西高東低の冬型気圧配置ってやつで、

抜けるように美しい青空だったという。

産室から病室に帰ってきた母が

その空を見上げて

「美冬」にしよう

と決めたのだという。

***

空を見上げるのが好きなのは、
そこから来ているのか

と思ってきていた。

それもあるかもしれない。


でも、でも、でも、

こどものときは、

空を見上げて、
足や手を止めることなんて、
たぶん、なかった・・・、

と思う。


それは、
たぶん、

空&自分、
じゃなかったから。

たぶん
空=自分だったから。

きっと
空と自分が切り離されていなかったから。

ひとつだったから。

***

おとなになってから
しょっちゅう、
空に魅せられ

青空のむこうに
憧れるのは


空と離れてしまったから。

のような気がしてきた。

***

朝、
畑で小松菜の収穫を終え、
空を見上げたときに、
そんなことに気づいた。


それから
帰宅して、
静かに座っていたら、

胸の奥で

青空の
たまごのようなものが

広がってきた。

ああ、
いたのか、

そこに・・・。


日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。

日常の一歩一歩の気持ちよさ自己ベストを目指す
らせん流タオRUNNING倶楽部
 東京・国分寺を中心に教室を開催中です。